生誕8年目、、vanamの軌跡

早いもので、来月3月でvanamが生まれて8年目となります(*´з`)❤


会員様とも昨日、受付でその話をしていて、拍手をしてくださいました


その会員様もオープン当時からの会員様で8年目になります


vanamの会員様の半数の会員様は5年以上の方が多く


会員様同士がみなさんファミリーのような存在です


2018年3月5日に上諏訪町から三室町に移転しました。

上諏訪メンバーの会員様も、三室町でスタートした時は、みなさん大興奮してくださって、一緒に喜んでくださいました。


前職のyogaスタジオを退職し、0から自分でスタートしました。

本当に1からのスタート。

まずは、ヨガをする場所がないため、伊勢崎市の市民の森公園のお山の上で

yogaができる場所を確保し、フォロワーのいないアメブロに、〇月〇日に市民の森公園のお山でヨガします  ぜひ来てくださいと、ブログを打ちました。

↓そのころのブログです




もちろん公的な場所なので、無料です。


お友達が1人2人来てくれました。


誰も来ない日もありました・・・


30分待っても誰もこないので、しぶしぶマットを畳み、半べそかきながら(笑)山を下りていると、足がもたれて、思い切り全身で転びました。


何だか複雑な思いと切なさで、涙が止まらずに、そのまま寝そべっていると

ふと目の前に小さなキノコを見つけたのです


歩いていたら、絶対に気づくことのなかったキノコ。

細い幹のそのキノコは小さいながらもしっかりと大地に根を張り、頑張ってそこにたたずんでいました。

凛として。まっすぐに。 小指程の小さなキノコ。


わたしは、そのキノコに顔を寄せて、キノコ目線で空を眺めました。(他の人から見たら絶対に怪しい人)

なんて、大きな空なんだろう

小さくて、もしかしたら踏まれてしまうかもしれないキノコだけど、誇らしく空に向かって、伸び伸びとしていて。


わたしは、そのキノコを見て我が振り返りました。


自分で決めたことなんじゃないの

何、べそかいてるの?って

誇らしく、自分らしく、生きればいいんだよって。


つまづいたからこそ、気付くことができた。

逆境になり、小さな幸せが大きな気づきになることもあるんだって。


兄に借りてもらった、プチヴァナム

6帖のアパートのお部屋のyogaスペース。


1日来るかこないか・・・



だけど、夢でワクワクしてました・・・。


私のお城。。。


ここで数カ月ヨガを行い、


兄の誘いで上諏訪町にスタジオオープン



オープンの日のスタジオ✨


もう大興奮でした。


ヴァナムの始まりです。


気持ちが引き締まります。




沢山の人に支えてもらいながら


yogaをお伝えしました。


そして、兄から離れ、三室町にスタジオをオープンするべく




上棟式!!

毎日のように、現場に通いました




こだわりのスタジオ・・・




そしていよいよ、マイスタジオを2018年3月5日にオープン!!




本当に夢を見ているような

ワクワクした気持ちだったし、会員さんもすごく喜んでくださいました。


そして、2021年3月5日で8周年

移転から3年


感謝で気持ちがあふれています。


だけど、わたしは、キノコのことも忘れていないし

沢山の支えがあり、今わたしがここにいて会員さんの笑顔があること。

感謝の気持ちは

溢れるばかりです。


常に初心に戻り、学び続け、いつかマットの上でシャヴァーサナをしながら

そのまま笑顔のまま

屍になることが私の本望なのかもしれません。


8年前の私に、一言言うなら・・・


大丈夫!自分を信じて。必ず周りが傍で笑顔でいてくださるからと

伝えてあげたいです。


わたしは本当に幸せです。